のぼりの作り方

のぼりの効果と作り方のポイント

現在さまざまな店舗で目立っている「のぼり」を見かけます。のぼりはその店舗を目立たせ集客率を上げるだけではありません。道路に面している店舗であれば、不特定多数の消費者に店舗の存在・キャンペーンをPRすることができます。テレビで言うCMのようなものなのです。のぼりを製作する企業に依頼して店舗を効果的にPRしてくれるのぼりを作ってみてはいかがでしょうか?
のぼりを作る時のポイントがあります。1つののぼりに込めるメッセージは1つにしましょう。欲張っていくつものメッセージを書いてしまうと遠くから見た時に何を伝えたいのかが分かりにくいものになってしまいます。メニュー名・キャンペーン名・値段などPRしたい事柄を1つののぼりに対して1つに絞ります。

のぼりのデザインについて

では具体的にのぼりをデザインしてみます。先程説明した1つののぼりに対して1つのPRは忘れないでください。
まず、基本中の基本ですが大きな文字を意識します。どのくらい離れた場所から店舗を認識してほしいかを考えた上で文字の大きさを決めるといいかもしれません。次にのぼりの配色です。店舗のイメージカラーがあるならその1色だけにするのも効果的です。イメージカラーがない場合は目に留まりやすい黄色・赤色などの目立つ色を選びます。周囲の店舗を観察して使われていない色を選択するのも得策です。派手にしすぎるとチカチカしてしまい肝心の文字が見えにくくなってしまうので注意しましょう。のぼりに書く文字に関しては背景が何色でも見えやすい黒色の太文字利用率が高いようです。これらの効果的なデザインを知った上で店舗を表現するのぼりを作り集客率アップを目指しましょう。